【動画】初島の海の中にはダイバー向けの「観光施設」がある=岡田和彦撮影
[PR]

 世界文化遺産の「軍艦島」(長崎県端島)にならえば、静岡県熱海市沖の初島は「客船島」だろうか。周囲約4キロ、最高地点でも標高51メートルの小さな島にホテルやリゾート施設、民宿、土産物店がひしめき合う。対岸の熱海や伊東から眺める姿は巨大な客船のようだ。

 島に渡ると、港に並ぶ食堂街で目の前の海で取れた魚の刺し身や干物、イセエビ、アワビ、サザエ、ノリを味わうことが出来る。島ごと観光客をもてなそうとしているのを感じる。

 実は海の中にもダイバー向けの「観光施設」がある。砂地に鉄骨2階建て、高さ7メートルの家が建つ。壁や屋根はなく、柱だけなので自由に泳ぎ回ることが出来る。実はこの家、人間用ではなく魚用。初島漁業協同組合が設置した魚礁の一つだ。それをダイバーに開放している。

 魚礁では、マダイ、クエ、オオ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら