[PR]

 1回のむだけのインフルエンザ新薬「ゾフルーザ」が14日から保険適用されることになった。厚生労働相の諮問機関・中央社会保険医療協議会(中医協)に7日提案し、了承された。開発した塩野義製薬は「速やかに発売する」としている。

 ゾフルーザは、1日2回、5日間のみ続ける既存薬のタミフルなどに比べて使いやすい。A型、B型のインフルエンザウイルスの増殖を直接抑える新しいタイプで、従来の薬にウイルスが耐性を持ち、効きにくくなった場合にも効果が期待される。

 価格は10ミリグラム錠約1500円、20ミリグラム錠約2400円。年齢や体重によってのむ量が決まり、体重60キロの成人は20ミリグラム錠を二つ(4800円)のむ。12歳未満の子どもで体重15キロなら、10ミリグラム錠を一つ(1500円)。患者側は1~3割を負担する。

 ゾフルーザは、有望な薬を早く実用化するため、優先審査する制度の対象。昨年10月に塩野義製薬が製造販売を申請し、今年2月に厚労省の部会が了承した。一般的なスケジュールに当てはめると、保険適用は5月とみられていたが、前倒しされた。(福地慶太郎