[PR]

山口那津男・公明党代表(発言録)

 「財務省の調査の状況報告がなされたようだ。財務省としては捜査に影響が及ぶような言動は控えたいので、文書に関して捜査の対象になっているということであれば、一定の配慮、つまり言及を控えるという対応は妥当な対応だと思う。元の文書は大阪地検に行っているということなので、そのものを確認する手立ては外部の者にはないので、それはやむをえない対応だと思う」(6日の定例記者会見で)