【動画】新燃岳で爆発的噴火=堀英治撮影
[PR]

 宮崎・鹿児島県境にある霧島連山・新燃(しんもえ)岳(1421メートル)で6日午後2時半ごろ、爆発的噴火が発生した。気象庁によると、爆発的噴火は2011年3月以来7年ぶり。上空からの観測では火口内の東側で新たな溶岩が見つかり、専門家は「溶岩ドームができている」と指摘した。気象庁は噴火警戒レベル3(入山規制)を継続し、火口から3キロ以内で大きな噴石への警戒を呼びかけている。

 爆発的噴火は6日午後10時すぎまでにさらに6回発生。噴煙は一時、高さ2800メートルまで上がり、鹿児島県霧島市や宮崎県都城市の広い範囲で降灰を確認した。

 東京大の中田節也教授(火山学)は「火口の古い溶岩を割ってマグマが上がってきて、溶岩ドームが速い速度でできている」と分析。より規模の大きな爆発的噴火や、火口から溶岩があふれることによる火砕流が発生するおそれがあるという。気象庁は空気の振動でガラスが割れたり、小さな噴石が風に流されて降ったりすることにも注意を呼びかけている。

 新燃岳から南西に約20キロの鹿児島空港では、火山灰の影響で6日に発着する計78便が欠航。計5便が福岡空港と熊本空港に目的地を変更した。ふもとの宮崎県高原(たかはる)町では6日午後2~3時ごろ「山から大きな音がした」との電話が町役場に相次いだ。町の担当者は「爆発的噴火と聞き、7年前を思い出して心配している」と話した。

 新燃岳は1日午前に約4カ月ぶりに噴火した。気象庁はレベル3のまま警戒範囲を火口の2キロ圏から3キロ圏に拡大していた。