[PR]

 県警は6日、定期異動を発表した。対象は警部以上と一部の一般職員、退職者を含め340人。発令は退職者ら一部を除き20日付。

 東京五輪・パラリンピックに向けたテロや災害対策のため、警備部に危機管理官を置くとともに警備課に危機管理室を新設するほか、捜査2課に25人規模の特殊詐欺事件捜査室を設ける。また交通違反の取り締まり強化のため、交通機動隊を2人増員する。

 一方、呉署と音戸署、尾道と因島署がそれぞれ4月1日付で統合。28署から26署となるが、音戸、因島署は分庁舎として残す。(小林圭)