[PR]

ダティール@セントオーガスティン・アメリカ

 アメリカを飛び回っていて、ある意味、恐れ入るのは、飛行機で5、6時間かけて大陸を端から端まで横断しても、出てくる食べ物があまり代わり映えしないことだ。クラフト●●とか、ファーム・トゥー・テーブルとか、「ローカル」であることに価値を置く最近の流れは、あまりに均質な食文化が広がってしまったことの反動ともとれる。だが今回お届けするのは、ちょっとやそっとのローカルぶりではない、文字どおり土地に「根付いた」究極のローカル食材の話です。

 フロリダ半島北東部の大西洋岸に、セントオーガスティンというリゾートタウンがある。16世紀にスペイン人たちが入植したのが始まりとされ、「アメリカ本土で最も古い町」といわれる。スペイン風の建築物が残り、入り組んだ路地を歩いていると、カタルーニャの田舎町にでも迷い込んだような気分になる。

 この街に来たのは、一帯で栽培…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも