[PR]

 「米帝に無慈悲な鉄槌(てっつい)を下す」と叫び続けてきた北朝鮮が突如示した「非核化」の意思は、地域の緊張緩和につながるものか、それとも包囲網を欺くたくらみか。4月末の開催が決まった北朝鮮と韓国の11年ぶりのトップ会談。圧力を強めてきた日米両国は、南北の接近を注視する。

 朝鮮中央テレビは6日、訪朝した韓国特使団を前に破顔一笑する金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の姿を放映した。正恩氏は李雪主(リソルチュ)夫人と共に夕食会に出席。上機嫌で韓国側の出席者に話しかけた。

 韓国大統領府が6日に説明した北朝鮮の態度も、弾道ミサイルを相次いで発射し、1カ月前に軍事パレードを平壌で実施した姿とは大きくかけ離れていた。

 正恩氏は、米韓合同軍事演習は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら