[PR]

 3月8日は、国連が定めた「国際女性デー」です。男女格差が大きいとされる日本を、若い人たち、とりわけ女の子たちが、性別にとらわれず生きることができる社会に――。元サッカー選手の澤穂希さんは「選べないことについて悩んでも仕方ない」と語ります。

     ◇

 最近は講演会などで、現役時代の健康管理についてお話しする機会が多くあります。20歳の頃から基礎体温をつけていたことや、定期的に婦人科を受診していたこと、試合でパフォーマンスを低下させないよう、低用量ピルを使って月経周期をコントロールしていた経験などを話しています。

 大学を中退して渡米した時、米国のチームメートたちが10代の頃から婦人科で健診を受け、ピルを使用し、そういうことを恥ずかしがることなくオープンに話している姿を見て、驚きました。

 婦人科の受診は、私も初めは少…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら