【動画】ドアが落下した空自のCH47Jヘリコプター=熊倉隆広撮影
[PR]

 航空自衛隊沖永良部島分屯基地(鹿児島県)近くで6日、空自那覇基地(沖縄県)所属のCH47Jヘリコプターのドアが着陸直前に落下した事故で、防衛省は7日午前、分屯基地の南東約200メートルの草地でドアを発見、回収した。けが人は確認されていないという。

 防衛省によると、落下したのは機体後部の貨物ドア(縦約160センチ、横約240センチ、厚さ約4センチ、重さ約31キロ)。夜間訓練のため那覇基地を離陸し、分屯基地のヘリポートに着陸する直前の6日午後6時50分ごろに、ドアが外れたという。

 防衛省は落下直後から捜索を続けていたが、7日午前7時前、上空から捜索していたヘリコプターの乗組員がドアを発見したという。