[PR]

 トランプ米大統領は6日、ホワイトハウスで、北朝鮮と韓国が首脳会談の開催で合意したことについて「世界にとって素晴らしいことだ」と評価した。北朝鮮の対話姿勢を「偽りではない」とも語った。ただ、米国が北朝鮮との対話を始める条件については「話したくない」と明言を避けた。

 トランプ氏はこの日、スウェーデンのロベーン首相をホワイトハウスに迎えた。その際、記者団から南北対話について楽観的かと問われると「楽観したい。とても良い対話が行われている。進展があった」と評価した。

 北朝鮮が核兵器を放棄する用意があると思うかとの問いに対しては、「北朝鮮は前向きに行動しているが、何が起きるか見てみたい。願わくば、正しい道に行ってもらいたい」と語った。

 また、北朝鮮の対話に向けた姿勢に関しては「北朝鮮の姿勢は偽りではない。なぜなら、北朝鮮への経済制裁が非常に強力で鋭いものだからだ。中国もこれまでにないほど、米国に協力してくれている」と強調。最大限の圧力をかけ続けたことが、北朝鮮を対話姿勢に転換させたと訴えた。

 北朝鮮は米国との対話の用意が…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら