[PR]

 働く人の運動不足解消に楽しく歩くことを勧めるスポーツ庁のプロジェクト「FUN+WALK」で、スマートフォン用のアプリに伊賀市観光大使キャラクター「いが☆グリオ」が起用された。グリオは動きは機敏だが、おなかの出たメタボ体形のキャラ。アプリを導入して歩くと、キャラの姿が変身するという。

 プロジェクトはスポーツ庁が官民一体で進め、歩きやすい「ファッション」、歩きながらの「デート」、歩く分だけシャッターチャンスが増える「写真」など、歩くことの様々な楽しみ方を提唱。18日までを「FUN+WALK WEEK」に設定し、水泳のソウル五輪金メダリスト鈴木大地長官も都内の企業を視察するなど力を入れる。

 アプリは歩数計機能を備え、北海道から沖縄まで全国27体のご当地キャラが登場。その一つとしてグリオが起用された。アプリを導入して歩くと、歩数に応じて、選んだキャラの姿が変身していったり買い物の割引クーポンを入手したりできる。

 起用を、おへその見える体形を…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら