[PR]

 伊豆半島の「世界ジオパーク」への認定が、一歩近づいた。国連教育科学文化機関(ユネスコ)の評議会が6日、伊豆を含む13のジオパークを「世界ジオパーク」と認定するようユネスコ執行委員会に推薦した。執行委員会は4月4日から17日までパリで開かれ、認定の可否が決まる。

 火山などの影響を受けた独特の自然環境を持つ伊豆半島は、世界ジオパークの認定を目指したものの2015年に一度「保留」となり、今回が2度目の挑戦。伊豆半島ジオパーク推進協議会(推進協)が、16年に改めてユネスコに認定を申請していた。

 17年7月にはユネスコの審査員2人が現地審査を実施。9月に中国で開かれた評議会で世界ジオパークへの推薦について審議されたが、結果は公表されていなかった。

 「落選」の可能性もあったため…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら