[PR]

 埼玉県熊谷市で2015年、民家で6人が殺害された事件で、強盗殺人などの罪に問われたペルー国籍の無職ナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告(32)の裁判員裁判の判決公判が9日、さいたま地裁であった。佐々木直人裁判長は「完全責任能力を有していたと認められる」などと述べ、求刑通り死刑を言い渡した。

 判決によると、ナカダ・ルデナ被告は15年9月14~16日、3軒の民家に相次いで侵入。1軒目で田崎稔さん(当時55)と妻の美佐枝さん(同53)、2軒目で白石和代さん(同84)、3軒目で加藤美和子さん(同41)と小学生の長女美咲さん(同10)、次女の春花さん(同7)を包丁で刺すなどして殺害し、現金などを奪った。

 裁判では被告の刑事責任能力が最大の争点になった。責任能力を調べるための鑑定留置が2回実施され、別々の医師が精神鑑定を実施。検察側は最初の鑑定結果をもとに責任能力があるとして起訴したが、その後行われた弁護側請求による鑑定留置では、被告が事件当時から統合失調症を患っていたと判断された。

 検察側は被告の精神障害は認め…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら