[PR]

 「黒いダイヤ」とも呼ばれる高級魚クロマグロ(本マグロ)を完全養殖する事業に、水産大手が続々と参入している。天然のクロマグロが激減しているためだ。各社は生産を拡大したい考えだが、稚魚の生存率の低さなど課題もある。

 日本水産は7日、この春から完全養殖クロマグロを「喜鮪(きつな) 金ラベル」のブランドで出荷すると発表した。2018年度は全国のスーパーなどに350トンの出荷をめざす。19年度には1千トンまで拡大する予定だ。

 イワシやアジの魚粉で作る専用のエサを使うなど、独自の工夫を重ね、ビタミンEやうまみ成分イノシン酸が豊富に含まれるという。漁場や季節によって変わる天然物と比べ、一定の品質を保てるのも売りだ。

 「完全養殖」は、人工的に育て…

この記事は有料会員記事です。残り670文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り670文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り670文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも