[PR]

 長崎市飽の浦町の三菱重工業長崎造船所本工場で7日、海上自衛隊の新護衛艦「あさひ」の引き渡し式があった。総工費約759億円で、佐世保基地に配備された。

 「あさひ」は、排水量5100トン、全長151メートル、幅18・3メートル。ガスタービンと電気モーターを組み合わせて動く初の護衛艦で、最高速力は30ノット(時速約56キロ)。潜望鏡探知レーダーも搭載し、対潜水艦の捜索能力を高めている。