[PR]

 生命保険各社がこの春、死亡保険料を大幅に下げる。長寿化で保険期間中に亡くなる人が減る傾向にあり、各社の保険金の支払いも減るためだ。健康診断を受ければ保険料を割り引く仕組みを導入する会社もある。各社の商品を比べて契約する販売手法が定着し、価格競争は激しくなっている。

 日本生命は4月から、定期型の死亡保険料を最大24%下げる。大同、ソニー、富国、朝日、三井の各社も値下げし、最大2割程度下げる社もある。値下げは、新たに加入するか、契約を更新する人が対象。

 保険料の基準になる「標準生命表」が、4月に11年ぶりに改定され、想定する死亡率が下がる。そのため、各社はそろって死亡保険料を見直す。

 第一生命は4月から、保険商品…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも