[PR]

 ネスレ日本は7日、チョコレート菓子の「キットカット」を、中国で販売すると発表した。訪日客に人気の商品で、帰国前に空港の売店で大量に買い込む人も多い。中国国内でも、口コミで人気が高まっていることから、販売体制を整えることにした。

 今秋、キットカットなどを扱う店舗を設ける予定で、大都市を中心に選定を進めている。その後、中小都市にも広げるという。一方、4月には、アリババと組んでコーヒー製品「ネスカフェ」の通販サイトも立ち上げる。

 高岡浩三社長は「訪日客の消費は、それほど長く続かない。先手を打つ必要がある」と話した。

 キットカットは世界各地で製造しているが、日本では「期間限定」や「ご当地限定」の商品も多い。例えば抹茶味は、日本らしい土産物として、訪日客に人気になっている。

 ネスレは昨年10月、韓国に菓子店を立ち上げた。今後は台湾や東南アジアでの販売も検討する。いずれも日本で作って輸出している。

 海外での販売増を受け、昨年増強した兵庫県姫路市の工場で、さらにラインを増やす検討も進めている。(新宅あゆみ)

■越境ECの波にのある炊飯器や…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら