[PR]

 がんと診断されたことがある「がんサバイバー」への理解と支援を呼びかけ、日本対がん協会の垣添忠生会長(76)が、徒歩での日本縦断にチャレンジしている。2月に福岡を出発、今月、名古屋入りした。

 5日、名古屋医療センターを訪れた垣添さんは、直江知樹院長や集まったがんサバイバー10人ほどと意見交換し、がん患者の相談態勢づくりなどについて話し合った。

 垣添さんは、2月から半年かけ、がん治療に取り組む全国32の施設を訪問しながら、九州から北海道まで約3500キロのほとんどを歩いて移動する。

 「がんサバイバーを支援しよう」と書かれたのぼりを掲げ、歩く距離は日に平均30キロほど。疲労で足首の痛みもあるが、「車の中から『頑張ってください』と声をかけられることもあり、うれしいですね」と笑顔を見せる。

 国内では毎年約100万人が、がんと診断され、がんサバイバーは700万人以上だという。

 垣添さんは国立がんセンター(現・国立がん研究センター)の総長を務め、自身も大腸がんと腎臓がんの経験がある。2007年には肺がんを患った妻をみとった。「専門知識のない、がんサバイバーや家族は常に孤独や不安を感じている。全国を歩きながら訴えることで支援を広げたい」

 垣添さんの活動の様子や、応援メッセージは、日本対がん協会・がんサバイバークラブのサイト(https://www.gsclub.jp/walk別ウインドウで開きます)で見ることができる。

 

<アピタル:ニュース・フォーカス・その他>

http://www.asahi.com/apital/medicalnews/focus/(浪間新太)