[PR]

 経団連は2021年春に社会人になる今の大学1年生を対象にした採用選考について、解禁時期を前倒しする検討を始める。採用面接など選考解禁の時期を現在の6月から3月に前倒しする案が浮上している。

 榊原定征会長は7日の記者会見で「(21年春の選考をする)20年は東京五輪の年で、春から東京で説明会などの会場を確保できない」と語り、就活日程に関する指針の見直しを検討する考えを示した。

 12日の会長・副会長会議で議論を始め、面接解禁の前倒しのほか、ルールを単なる目安にして企業の判断に委ねる案など複数案を検討する。大学や政府とも調整し、年内にも結論を出す。19年春、20年春入社については、今春入社と同じく「3月に会社説明会解禁」「6月に面接など採用選考解禁」とする。

 経団連の指針は就活の早期化に歯止めをかける役割もあったが、現状では、会社説明会の解禁前に職場体験などのインターンを実施し、事実上の選考に結びつける企業が目立つ。外資系企業や経団連に加盟していない企業も、独自に前倒しで採用を決めるケースが多い。解禁時期の形骸化も指摘されており、見直しを検討することになった。(山口博敬)