[PR]

 東海テレビ(名古屋市)の内田優社長は7日の記者会見で、キー局・フジテレビの今春の番組改編動向について「新しい局面に乗り出される。心から期待している」と語った。

 フジテレビは今春、「変わる、フジ 変える、テレビ」と銘打ち、「とんねるずのみなさんのおかげでした」や「めちゃ×2イケてるッ!」などの長寿番組を終了させる大規模改編を発表している。

 内田社長は2番組について、系列局からも以前から存続を問う声があがっていたことを明かした。長く愛された番組だけに、終了する判断は「非常に難しいところ」と推し量りつつも「今回やっと決断をされた」と評した。

 東海テレビは、夕方のニュース番組のメインキャスターは64歳のベテラン、高井一アナウンサーと若手の上山真未アナウンサーが新たに担当すると発表した。内田社長は「我々ももう一段気を引き締めてやっていかないといけない。自社制作番組の視聴率を上げて、ゴールデン帯につないでいくようにしないといけない」と語った。(原知恵子

こんなニュースも