[PR]

 里子や養子を迎えた家族の写真展「フォスター」が横浜市で開催中だ。横浜の展示に先行して5日に都内で開かれた写真展のキックオフイベントでは、第1子の女の子を養子に出した30代の女性が子どもを託した時の葛藤や愛情を語った。

 女性は娘を妊娠後、予想外のトラブルに見舞われ、やむなく自分の手元では育てられなくなった。妊娠後期の終わりまで悩んだ末、特別養子縁組で養子に出すことを決めた。特別養子縁組では、戸籍上も生みの親との関係がなくなり、育ての親と親子になる制度だ。

 「さんざん悩んで割り切ってきたはずなのに、生まれた子どもは想像以上にかわいくて、一日一日と近づくお別れの日を前に、一人で泣きました」

 別れの日に娘と一緒に一枚だけ写真を撮った。笑って写ったのが「最後の強がり」だったという。

 女性のように、出産後の子育て…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら