片道6時間半、最長バスを支える精鋭 八木新宮線乗車記

有料記事

水野義則
[PR]

時紀行

 高速道路を使わず、主に国道168号を通って紀伊半島を延々と縦断する路線バスが、バスマニアから注目を集めている。その「八木新宮特急」に乗ってみた。

 奈良県橿原市の近鉄大和八木駅から和歌山県新宮市のJR新宮駅まで、紀伊半島を縦断する166・9キロの道のりを、奈良交通の路線バス「八木新宮線」が走る。「特急」だが、終点まで6時間30分、5250円。時間、距離、166ある停留所数のどれもが一般道の路線バスでは日本一だ。

 熊野古道に向かうハイカーらと乗り込む。奈良県五條市の賀名生(あのう)梅林あたりから車窓に山が迫る。乗用車がやっとすれ違える細い国道を、ディーゼルエンジンをうならせて進む。対向のダンプカーが道端にぴたりと寄って待避する。

 熊野川沿いを進む。山肌が大きく崩落した跡があり、「長殿(ながとの)発電所前」にさしかかったが、発電所は見えない。「7年前、紀伊半島を襲った大水害で、雨は崖を崩し、川をせき止めました。発電所は、逆流した土砂の勢いで上流に流されてしまいました」。18年間、このバスのハンドルを握る間野泰博さん(52)のアナウンスに、にぎやかだった乗客はしばらく言葉を失った。

 水害で11カ所の停留所が被…

この記事は有料記事です。残り1655文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント