榛村純一さん(しんむら・じゅんいち=元静岡県掛川市長)が7日、大動脈解離で死去、83歳。通夜は11日午後6時、葬儀は12日午前9時30分から同市杉谷南2の18の2のJA掛川市セレモニーホールやすらぎで。喪主は長男航一さん。

 77年から7期市長を務めた。全国初の「生涯学習都市宣言」、市民の寄付も充てて実現させた東海道新幹線掛川駅や東名高速掛川インターチェンジの開業など、アイデアマン、地方分権の実践者として知られた。