[PR]

 生後2カ月の長女に暴行を加えてけがをさせたとして、警視庁は東京都足立区伊興1丁目、自称大工の小林幸輝容疑者(20)を傷害の疑いで逮捕し、8日発表した。「泣き声がうるさくて眠れず、感情を抑えられなかった。1人でやった」などと容疑を認めているという。女児は3日後に病院に搬送され、死亡した。警視庁は他にも暴行がなかったか調べている。

 捜査1課によると、逮捕容疑は2月22日ごろ、自宅で長女の心愛(のあ)ちゃんの額を指ではじくなどして、全治不詳のけがを負わせたというもの。小林容疑者は「デコピンで何回かたたいた」と説明しているという。

 小林容疑者は妻(27)と長男(5)、心愛ちゃんとの4人暮らし。同月25日午後1時20分ごろ、妻が「娘の顔色が悪い」と119番通報。心愛ちゃんは病院に搬送されたが、約1時間後に死亡が確認された。

 26日に司法解剖したところ死因は不詳だったが、3月7日、任意で事情を聴いていた小林容疑者が暴行したことを認めたという。心愛ちゃんの顔には比較的古い皮下出血もあったといい、警視庁は継続的な虐待がなかったか調べている。長男は妻の連れ子で、心愛ちゃんは夫婦の実子という。