[PR]

 平昌(ピョンチャン)冬季五輪のフィギュアスケート女子シングルで4位入賞を果たした宮原知子選手が8日、在籍する関西大(吹田市)で五輪の報告会を開いた。「ベストを尽くせた」と振り返り、「感動を与えられる演技ができるようになりたい」と、今後の抱負も語った。

 会場には約700人の学生や職員らが駆けつけた。宮原選手は、試合に臨んだ心境や、平昌の選手村での思い出などを報告。力を出し切れた要因について尋ねられ、「行くだけでは意味がないと思っていた。やってきたことをここで出すという強い気持ちで臨んだ」と振り返った。

 報告の途中に、芝井敬司学長から「素晴らしい演技をしてくれた」と、「金メダル」を受け取った。宮原選手は首にメダルをかけ「もらえると思っていなかったので、すごくうれしい」と、この日一番の笑顔を見せた。次の北京冬季五輪については「4年後のことはわからないが、今まで以上に一日一日を大切に頑張りたい」と意欲を見せた。(高岡佐也子)