[PR]

 指揮者の小澤征爾さん(82)が入院のため、今月13日から始まる「小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクト」への出演を取りやめることになった。所属事務所が8日、発表した。病院で検査を受けたところ大動脈弁狭窄(きょうさく)症と診断され、精密検査と治療で約1カ月の入院を要するという。

 16・18日に京都市、21日に名古屋市、25日に東京で小澤さんがする予定だったオペラ「子どもと魔法」の指揮は、デリック・イノウエさんに交代する。13日の小学生向け公演で予定していた「お話」も取りやめる。指揮者変更に伴うチケットの払い戻しはしない。

 小澤さんは「本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。今は治療に専念し、体力の回復に励みたい」などとコメントを寄せた。(星野学)