[PR]

 北朝鮮の労働新聞(電子版)は8日付の論評で、北朝鮮に対する制裁強化を呼びかけた河野太郎外相の動きについて「体質化したいかさま外交」「大勢判別能力がまひした愚か者のたわ言」などとののしった。南北朝鮮接近の動きに合わせ、日本政府を批判する北朝鮮官営メディアの報道が増えている。

 労働新聞の論評は、「米国の対朝鮮圧力の笛に合わせて踊らなければならないのが日本の哀れな境遇であり、米国の脚本通りに物乞い外交を行っている」と批判。「外交に責任を持つ者なら、制裁や圧力が通じるかどうかを熟考して行動すべきだ」と強調した。(ソウル=牧野愛博)