[PR]

 新幹線のぞみ34号(N700系、16両編成)の台車に破断寸前の亀裂が見つかった問題で、JR東海はこの台車と同じように鋼材が薄く削られたり、傷がついていたりした川崎重工業製の台車を年内にJR東海子会社の日本車両製造製に取り換える方針を決めた。不具合のない台車を使用している車両は使い続けるが、今後、川重から車両を購入する予定はないという。

 一方、同様に台車の交換を進めているJR西日本は川重を「信頼できるパートナー」として、これまで通り購入する予定。取引がある他の4社からも買い入れる。今回の問題に伴う交換費用は川重が負担する。

 東海道・山陽新幹線の台車の所…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら