[PR]

 三重県伊勢市は8日、伊勢神宮近くの観光案内所にムスリム(イスラム教徒)の礼拝場所を来夏に設ける計画を白紙撤回することを明らかにした。観光客の受け入れ環境を整える狙いだったが、「伊勢神宮近くの公共施設に設ける必要があるのか」などといった意見が多く寄せられ、再検討することにしたという。

 計画では、内宮から約800メートル離れた観光案内所の一部を改修。ムスリムの観光客の増加を念頭に、礼拝方向を示す表示をし、手足を清める設備も置く「多目的スペース」を設け、授乳や休憩などで誰でも使える空間にする方針だった。

 だが、計画が報じられると、「なぜ伊勢神宮の近くに作るのか」との声や、政教分離を問う指摘が相次いだ。観光案内所の位置が外国人にとって利便性がよいのかとの意見もあった。

 市によると、こうした内容の電話やメールは約100件あり、伊勢神宮側や観光団体にも寄せられたという。市の幹部は取材に「予想外の反応で、今の計画のままでは市以外にも迷惑がかかると判断した」と話した。多目的スペースは礼拝設備を外して整備する。今後、民間主体の礼拝場所を設けられないかを検討するという。

 市議会委員会でも8日、市議の一人が、礼拝場所について「内宮の玄関口には合わない気がする。慎重に検討してほしい」と発言。市幹部は「一から検討し直す」と述べた。

こんなニュースも