写真・図版

[PR]

患者を生きる・不妊治療(5:情報編)

 不妊に悩む人を支えるNPO法人「Fine」は、2012年度に不妊治療を経験した1993人に治療費についてアンケートした。通院開始からの治療費の総額が、100万円以上かかった人の割合は55・1%。100万~200万円未満が24・8%で最も多く、300万~500万円未満は10・6%、500万円以上も4・6%いた。

 経済的理由で高額な治療をためらったり、延期したりしたことがある人は81%にのぼった。Fineの松本亜樹子理事長は「治療したくてもボーナスが出るまで待たないといけない人もいる。特に若いカップルは、早く治療を受けた方がよいのにお金をためるのに時間がかかり治療が遅れてしまうことがある」と指摘する。

 国の助成金制度は、治療開始時…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら