[PR]

 学校の校則問題に取り組んでいる「ブラック校則をなくそう! プロジェクト」は8日、生まれつき茶髪の人の1~2割程度が、中高生時代に黒く染める指導を受けていたという調査結果を発表した。調査によると、体罰などの経験は若い世代ほど少なかったが、髪形やスカートの長さなど外見に関する校則を体験した人はむしろ10代で多い傾向も浮かんだ。

 同プロジェクトは、大阪の女子高校生が茶色い髪を黒く染めるよう強要され、精神的苦痛を受けたとして損害賠償訴訟を起こしたことなどをきっかけに、子どもの支援に関わるNPOなどが昨年12月に結成した。まずは校則の実態を調べようと今年2月、10代~50代の男女2千人と現役中高生の保護者2千人の計4千人を対象に、調査会社を通じてアンケートした。

 この結果、男女2千人のうち地毛が「生まれつき茶髪」は8%で、このうち約1割が中学で、約2割が高校で、「黒く染めるよう」指導を経験していた。これは、全体の1~2%にあたる。

 また、「理不尽な指導の経験」…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら