[PR]

 幕末のおもてなし料理を家庭で作ってみませんか。山口大学と防府市内の農家女性グループが、幕末に長州藩主が英国の提督に振る舞った料理5品を家庭向けにアレンジして再現した。防府市が料理サイト「クックパッド」でレシピを公開している。

 再現されたのは、慶応2(1866)年に長州藩主・毛利敬親が、会見を求めて三田尻に寄港した英艦隊のキング提督に振る舞った料理。当時の献立が、県文書館が保管する文書「英国人三田尻渡来一件」に残っており、あわびや車エビ、タケノコが入った「大重箱」や「焼鳥」、吸い物など計10品が出されたと記述されている。

 しかし、料理の詳細やレシピの記録はなかった。防府市生活改善実行グループ連絡協議会の女性たちは、維新150年に合わせてこれらの料理を再現しようと考えた。食文化に詳しい山口大の五島淑子教授に協力を依頼。江戸期に書かれた料理本を参考に、試作を重ねた。

 公開されているレシピは、酒に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら