[PR]

 大リーグ・カブスを自由契約になっていた上原浩治投手(42)が9日、巨人と契約を結び、都内で記者会見を開いた。「一生懸命やる。がむしゃらにやる。それだけ」。1年契約で年俸2億円プラス出来高(金額は推定)。背番号は「11」。

 今オフはメジャー契約を待ったが「あまりいい話がなかった」。かつて所属した巨人から「熱意がある誘い」を受け、子どもからの「野球をしている姿が見たい」という声も後押しに、古巣復帰を決めたという。

 上原は1999年、大体大から巨人に入団。1年目から20勝を挙げ、先発としても、抑えとしても活躍した。2009年から大リーグのオリオールズに移籍し、米国では9年間プレー。レッドソックス時代には、ワールドシリーズ制覇にも貢献した。日米通算712試合で、134勝(88敗)128セーブ。防御率2・93。