[PR]

 大相撲の元横綱日馬富士による傷害事件を巡って今年1月に日本相撲協会の理事を解任された貴乃花親方(元横綱)が9日夜、貴乃花部屋のホームページ(HP)を更新し、事件に絡む協会の対応に問題があったとして、協会を監督する内閣府の公益認定等委員会に告発した、とする内容を記した。

 昨年10月の秋巡業中に起きた元横綱日馬富士による傷害事件では、貴乃花親方は巡業部長として協会への報告を怠ったり、被害者で弟子の貴ノ岩への聞き取りを再三拒んだりしたとして理事を解任されていた。

 HPでは「私の理事解任理由とされた事項は、いずれも、法的には、解任事由に相当するような理事の職務義務違反になると認めることは困難なもの」などと主張し、同委員会に対し、「(協会への)立ち入り検査、質問及び、適切な是正措置を求める勧告」を求めているとしている。