拡大する写真・図版 アサド政権軍の激しい攻撃を受けている東グータ地区から発信を続けるヌールさん(左)とアラさんの姉妹(家族提供)

[PR]

 内戦が続くシリアで、アサド政権軍の激しい空爆や砲撃にさらされている反体制派支配地域の東グータ地区。同地区の日常を、ツイッターで発信している姉妹がいる。住民のヌールさん(12)とアラさん(8)。2人は朝日新聞の取材に対し、「爆撃をやめて。学校に行きたい」と訴えた。

 「いま私たちは最も危険な場所にいます。アサドと彼の仲間が私たちを破壊しようとしています。どうか私たちを見捨てないで」。11日午後(日本時間同日夜)、姉妹はツイッターに動画付きで書き込んだ。

 東グータ地区はアサド政権の「…

この記事は有料会員記事です。残り1100文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1100文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1100文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!