【動画】報道陣の取材に答える佐川宣寿氏=高津祐典、瀬戸口翼撮影
[PR]

 午後9時前、東京・霞が関の財務省2階。黒いスーツ姿の佐川氏は大臣室から出てきて切り出した。

 「国税庁長官の職を辞し、退職したいとお伝えし、お認めいただきました」

 多くの報道陣が取り囲み、一斉にフラッシュがたかれる。「理財局長時代の国会対応に丁寧さを欠き、国会審議の混乱を招いた」「行政文書の管理状況についてさまざまな指摘を受けている」。用意した紙に目を落としながら辞任の理由を静かに語ると、「確定申告中の辞任になりおわび申し上げる」と謝罪し、約5秒間、頭を下げた。

 麻生太郎財務相に辞意を伝えたのは9日朝。このタイミングで辞めることを「決裁文書が大きな議論になっている。文書提出時の担当局長だったので責任を感じた」と説明した。

 公務員生活について「そのときどきで一生懸命やってきた」と述べると、「政権に対して一生懸命にやってきたのか」と質問が飛んだ。佐川氏は「国家公務員なので国民に対して一生懸命やってきたと思っている」と強調した。

 佐川氏自身に「忖度(そんたく…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら