[PR]

 大リーグ・エンゼルスの大谷翔平が9日(日本時間10日)、メキシコのプロ野球チーム・ティフアナとの練習試合に先発し、3回を投げて6安打6失点だった。三振は六つ奪ったが、制球が定まらずに3四死球に暴投も絡むなど乱調で、64球を費やした。

 投打で「二刀流」の大谷はメキシコでも話題のようで、ティフアナの選手たちは試合前からテンションが高かった。バスで球場に到着するやいなや、ウォーミングアップ中の大谷を見つけて次々と記念撮影。選手からツーショット写真をお願いされるたびに、大谷は足を止めて応じていた。

 そんな大谷との対戦は、練習試…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも