[PR]

 韓国大統領府の鄭義溶(チョンウィヨン)国家安保室長が8日、ワシントンでトランプ米大統領に対し、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長からの非公開の口頭メッセージを伝えていた。韓国政府高官が9日、ワシントンで韓国記者団に明らかにした。米朝両首脳間の信頼関係を構築するための極めて包括的なメッセージという。

 高官によれば、正恩氏は非公開メッセージについて、トランプ氏に直接伝えて欲しいと韓国に依頼したという。米朝首脳会談を開くために、お互いの信頼を築く目的があるとした。トランプ氏は、肯定的な反応を示したという。

 正恩氏はこのほか、明確な非核化の意思を表明。北朝鮮の体制転換を求めないことや平和構築の努力が必要との考えも示した。高官は「非核化の条件というよりも、同時に言及したということだ」と強調した。

 正恩氏は、対話が進む間は、核実験や弾道ミサイル発射を決して行わないと約束し、米韓合同軍事演習にも理解を示したとした。

 トランプ氏は鄭氏らに対し、なるべく早く米朝の最高指導者が会って妥結策を模索することが望ましいとの考えを示した。北朝鮮が態度を変えた背景に関心を示したという。

 韓国政府高官は、現時点で米朝首脳会談の場所は未定だとした。米朝間で首脳会談に備えた実務接触や高官の相互訪問がありうるとの見方も示した。高官は「韓国は朝鮮半島の非核化が平和的に実現されることを楽観している」と述べた。(ソウル=牧野愛博)