[PR]

 日本卓球協会の宮崎義仁・強化本部長は10日、「日本代表の選手らに対し、試合時のマナーについて注意喚起をした」と明らかにした。この日あった協会の理事会で報告された。

 1月の全日本選手権の男子シングルス決勝では、優勝した張本智和(エリートアカデミー)が、試合終了後にまずベンチに駆け寄った。その後、対戦相手の水谷隼(木下グループ)と握手した。この点について、協会は「まずは主審の前で対戦相手と握手するように」と張本を注意した。宮崎本部長は「2020年東京五輪に向けて注目を浴びる中、対戦相手に敬意を持って向き合うことを再認識してもらった」と述べた。

 全日本選手権では、張本や一部の女子選手が得点時にかけ声を連呼する場面もあった。宮崎本部長は「自分を奮起させるかけ声は良いが、続けて何度も叫ばない」などと注意喚起した。