[PR]

 10日に千葉県柏市の三協フロンテア柏スタジアムであったサッカーのJ1柏―セ大阪戦で、柏のサポーターがセ大阪GK金鎮鉉に対して差別的な行為を行った疑いがあることがわかった。この試合のマッチコミッショナーがJリーグに事案を報告する。

 後半35分、金鎮鉉がゴールキックを蹴ろうとする際だった。柏のゴール裏のサポーターが侮辱的なポーズを取ったと、金鎮鉉が主審に訴えた。試合は3分弱、中断。騒ぎが収まらず、柏のMF大谷秀和と運営担当がサポーターに「疑わしい行為をしないでほしい」と訴える場面があった。

 ポーズはアジア人を差別する際に使われるしぐさで、昨年の大リーグ・ワールドシリーズでダルビッシュ投手が本塁打を打たれた際に相手選手が行い、問題となった。金鎮鉉も試合後「サポーターの顔も覚えている。次からはこういうことがないようにして欲しい」と語った。

 柏の担当者が試合後に中継映像や防犯カメラの映像を確認したところ、現時点ではサポーターの行為が確認できず、特定に至っていないという。今後も調査を続け、Jリーグに調査状況を報告する。