[PR]

(11日、平昌パラリンピック)

 冬季パラリンピック初出場の北朝鮮からマ・ユチョル(27)とキム・ジョンヒョン(17)がスキー距離・男子座位(15キロ)にそろって出場。完走した27人中2人は26位、27位だったが、最後まで諦めず、歓声を浴びた。

 2人はいずれも元卓球選手でシットスキーの競技歴は3カ月ほどという。トップの選手からおくれること約15分、ようやくゴールしたマは苦しそうに天を仰いだ。メダリストの表彰が行われたあと、キムが最後に戻ってきた。

 2人は北朝鮮選手団のスタッフと笑顔で話し、観客席に両手を振るなど穏やかな表情だったが、報道陣の呼びかけには無言だった。

 観客席には競技会場がある江原道(道は日本の都道府県にあたる)と民間団体が組織した南北共同応援団の100人が集まり、統一旗を手に声援を送った。