[PR]

 「ナチュラルキラーT(NKT)細胞」と呼ばれるリンパ球の一種を活性化させて、免疫細胞によるがん細胞への攻撃を促す免疫療法の開発に向けて、慶応大病院や理化学研究所が12日、臨床試験(治験)を始めた。

 NKT細胞は、がんを攻撃するさまざまな免疫細胞の働きを高めるおおもとの役割をしている。また、免疫細胞の攻撃を長期間、持続させる働きもある。

 理研の谷口克グループディレクターらは、NKT細胞を比較的簡単に取り出せる血液細胞を発見。この血液細胞を使うと、これまでより数倍高く、NKT細胞を活性化させられるという。さらに、この血液細胞に結合してNKT細胞の活性化を開始させる人工物質も開発した。

 臨床試験では、患者の血液を採…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら