[PR]

 国内有数のマグロ水揚げ港、和歌山県那智勝浦町の勝浦漁港に12日朝、体長274センチ、体重450キロの巨大クロマグロが水揚げされた。昨年3月の446キロを上回り、同漁港の最重量記録を更新した。

 宮崎県都農(つの)町のはえ縄漁船、漁安丸(19トン、乗組員8人)が、紀伊半島の約500キロ沖で捕獲した。大橋勇次船長(47)は「引き揚げるのに1時間ほど格闘した。巨大な姿が見えた時は興奮した」と喜びを語った。

 マグロは1キロ1万5900円、1本772万円(税込み)で地元の仲買業者が競り落とした。握りずしにすると約3千人分。東京・築地に送る予定という。(東孝司)