[PR]

 トヨタ自動車の2018年春闘は13日、前年の月1300円を超えるベースアップで事実上決着した。経営側は、ベアと定期昇給だけでなく、手当も含め「3・3%の賃上げ」を強調。政権が経済界に求めた「3%以上」に応じた格好だ。

 日本最大の製造業企業であるトヨタのベアは5年連続となる。日産自動車とホンダも前年を上回るベアを回答する方針。3社とも一時金は満額の見通しだ。春闘全体に影響を与えそうだ。

 トヨタの経営側は、ベア3千円を要求していた労組に対し、1300円超を14日に正式回答する。非正規の期間従業員の賃金も引き上げる。詳細は明らかにしていないが、労組はその日給について月換算で3千円に相当する150円の引き上げを求めていた。

 非正規を含む全組合員の賃上げ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも