[PR]

 サウジアラビアの暮らしは長い間、この王国に満ちる石油に頼ってきた。何十年間にもわたり、地底からくみ上げた巨万の富がきらびやかなタワーやショッピングモールをつくりだし、政府機関で働く人たちのほとんどの雇用をまかなってきた。

 そのサウジは今、国の将来を無尽蔵にある自然資源にかける試みに取り組んでいる。太陽光だ。

 世界最大の石油輸出国サウジは、ムハンマド・ビン・サルマン皇太子の指導下で経済の多様化を図り、再生可能エネルギーの開発に資金をつぎ込んで経済成長を活性化させようとしている。サウジ政府は単に国内のエネルギーミックス(訳注=電力の安定供給に向けて多様なエネルギーを組み合わせて電源構成の最適化をすること)を実現させるだけでなく、クリーンパワーの分野で世界のリーダーになることを願っている。

 その目標達成は難しいだろう。…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも