• アピタル

人に寄り添い、深まる絆 人口730人の村で働く看護師

有料会員記事

神宮司実玲
[PR]

 人口約730人の奈良県黒滝村は、面積の97%を林野が占める。村の診療所で看護師として働く小松由美子さん(40)は、5年前から村で暮らす。

 静岡県出身。短大卒業後に看護師になり、神奈川県の大学付属病院に勤めた。骨髄移植の病棟などを担当。全国から入院してくる患者と向き合った。

 きっかけは2011年の東日本大震災だった。当時、奈良県天川村の民宿へ年に数回、旅行していた。たまたま本で読んで知った村だったが、時間がゆっくり流れる感じが好きだった。民宿を営む80代の「おっちゃん」の気さくさや、そこで知り合った旅行者仲間とのひとときも心地よかった。

 震災後、原発や放射能に関するさまざまな情報があふれていた。その秋に民宿を訪ねた時、おっちゃんに相談してみた。「ここに住みよ」と言ってくれた。

 黒滝村の診療所の仕事も、おっちゃんが見つけてきてくれた。神奈川で大学院にも通っていたので、辞退したが、診療所からも「フルタイムで働くのは大学院を修了してからでいいから」と誘われた。

 翌年の夏、大学病院をやめ、黒滝村の診療所で働き始めた。家はおっちゃんの民宿。休暇を使って神奈川の大学院に通い、翌春の修了後、黒滝村の村営住宅に引っ越した。

 診療所は医師1人、看護師2…

この記事は有料会員記事です。残り742文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら