【動画】用水路網が岡山の津波被害を拡大
[PR]

 30年以内に70~80%の確率で起きるとされている南海トラフ巨大地震の際、用水路が、岡山の津波被害を助長する――。岡山大が詳細なシミュレーションで明らかにした。海や川から遠い地域の方が浸水が早い、という意外な結果で、研究者は「防災・避難計画の見直しが必要」と指摘する。

 岡山市南部には細かな用水路が縦横無数に通っている。このエリアは地盤が軟弱な上、南海トラフ巨大地震では津波の被害が想定されている。用水路は周囲の土地と水面の差が小さく、堤防もないため津波による水位変動がわずかでも、水があふれる可能性がある。

 岡山大大学院環境生命科学研究科の前野詩朗教授(海岸工学)と大学院生の工代(くだい)健太さんらは、この用水路網の影響が、津波被害想定に組み込まれていないことに着目。津波が大きな河川だけでなく用水路を伝わって内陸部まで被害をもたらすのではないかと考え、旭川と百間川に挟まれた住宅密集地での用水路の影響をコンピューターでシミュレーション計算した。

 シミュレーションの基にした主…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら