[PR]

 仮想通貨交換業者コインチェック(東京)から顧客資産の仮想通貨NEM(ネム)が大量に不正流出した問題で、同社は12日、顧客への返金を同日中に行うと発表した。NEMは約26万人が約580億円分を保有していたもので、その後のレートで日本円に換算した約460億円を返金する。仮想通貨の引き出しも、システムの安全性が確認できた6種類については12日中に再開すると発表した。

 12日中にコインチェック内の顧客口座に、同社の自己資金から返金する。1月26日の問題発生後NEM相場は下落し、流出時の価格と返金額には差があるが、「弁護士と話して、妥当な金額だと決めた」(大塚雄介取締役)としている。

 顧客が返金されたお金を自分の銀行口座に移すには、コインチェックからの出金手続きをする必要がある。出金依頼が相次ぎ、時間がかかる場合がある。

 仮想通貨のまま再び引き出せる…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら