[PR]

 財務省理財局による森友学園の国有地取引に関する決裁文書の改ざんについて、菅義偉官房長官は12日午後の定例記者会見で、「書き換えという認識なのか、改ざんという認識なのか」と問われ、「書き換えだと思う」と述べた。理由については「主文はほとんど変わっていなかった」とした。

 理財局職員が首相官邸の考えを忖度(そんたく)して改ざんしたのではないかとの問いには、「財務相が『そういったことはなかった』と説明している」として、忖度はなかったと見解を示した。

 また、他省庁での文書改ざんの有無に関する調査実施については、「考えていない」と述べた。

こんなニュースも