[PR]

 財務省による公文書改ざんは社会に大きな衝撃を与えた。行政や司法の世界に身を置いてきた3人に受け止めを聞いた。

佐藤優氏(作家・元外務省主任分析官)の話

 安倍首相の妻昭恵氏や国会議員らの名前を消し、国有地売買を特例で処理していることを示す文言を公文書から抜いた行為は、売買の判断に関わる極めて重要な事実をなかったことにしたのと同じだ。だます意図に基づく行為で、悪質。国民への背信行為といえる。

 今回、財務省は多くの公文書を…

この記事は有料会員記事です。残り1000文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1000文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1000文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
関連ニュース